センターのご紹介
健康管理センターのご案内
交通のご案内
お問い合わせ先
連携先病院
地域医療機能推進機構(JCHO)のご紹介
個人情報保護方針

肺ドックについて

肺ドック・脳ドック 最新の機器で始めました





«肺がん検診»
肺癌は死亡率が男性1位女性2位の癌です。
肺癌による死亡率はXp(レントゲン写真)検診により44%減少するという報告もありますが、
最新の海外データでCT(コンピュータ断層撮影)検診では Xp検診より20%多く減少させたと
報告されました。またCTではXpより4~10倍多くの癌が、より早期の状態で発見され、
より小さい手術で済む可能性 が期待されます。
xp ct
このように、Xp検診(写真①)では不明瞭で見つからない肺癌がCT(写真②)では明瞭に写し出されます(肺癌の一例)。

≪COPD(慢性閉塞性肺疾患)検診≫
COPDはタバコが原因で肺に炎症が起こり、空気の通り道である気道が狭くなる病気です。
進行すると空気の出し入れが難しくなり、呼吸困難感が出現します。
咳や痰の症状が長い期間にわたり続く「慢性気管支炎」、肺の微細構造が壊れてしまう「肺気腫」が混在して「COPD」になります。COPD患者さんの 90%以上に喫煙歴があるので、別名『タバコ肺』とも呼ばれています。
早期には症状を伴わず進行するため、注意が必要です。
肺ドック検診料 15,900円 (税込)  低線量胸部CT、喀痰細胞診検査、肺機能検査、
 経皮動脈血酸素飽和度(SAT)
PageTop