病院紹介
JCHOグループの紹介
診療科のご案内
外来のご案内
外来診療
入院のご案内
お見舞いの方へ
施設のご案内
健康管理センター
介護老人保健施設
看護部
交通のご案内
診療実績・臨床指標
調達情報
契約情報公開
経理課より取引業者様へお知らせ
個人情報保護方針

大腸がん

大腸がんは便秘、血便などの便通異常があり、検査をして発見される事もありますが、症状がない事もあるので、40歳以上の方には当院で行っている大腸がん検診をお勧めします。具体的には便の中に血が混ざっていないかを検査したり、大腸内視鏡検査をしたりします。大腸に腫瘍が見つかった場合、内視鏡で治療できるのか、手術をするべきかを判断します。
当院では内視鏡で治療する消化器内科医と、手術をする外科医は毎週カンファレンスを行って治療法を決めています。手術をする場合は、”がん”からある程度距離をとって腸を切除し、”がん”が転移している可能性があるリンパ節も一緒に切除し、腸と腸を吻合します。
詳しくは手術前にご説明いたします。

 
PageTop