病院紹介
外来のご案内
外来診療
入院のご案内
お見舞いの方へ
施設のご案内
健康管理センター
介護老人保健施設
看護部
交通のご案内
診療実績・臨床指標
調達情報
契約情報公開
経理課より取引業者様へお知らせ
個人情報保護方針

外科

スタッフ 資格・認定
外科部長
(主任部長)
八木 俊和 日本外科学会 専門医・指導医
日本消化器外科学会 専門医・指導医
日本消化器外科学会 消化器がん外科治療専門医
日本がん治療認定医機構 認定医(指導責任者)
乳がん検診精中機構 認定マンモグラフィー読影医師
医 長 児玉 創太 日本外科学会 専門医
乳がん検診精中機構 認定マンモグラフィー読影医師
内痔核研究会 ALTA療法施行資格医
医 長 木田 睦士 日本外科学会 専門医
医 員 辰巳 征浩 乳がん検診精中機構 認定マンモグラフィー読影医師
消化器外科部長 内藤 弘之 滋賀医科大学地域医療教育研究拠点 准教授
日本外科学会 専門医・指導医
日本消化器外科学会 専門医・指導医
日本消化器外科学会 消化器がん外科治療認定医
乳がん検診精中機構 認定マンモグラフィー読影医師
乳腺外科部長 梅田 朋子 滋賀医科大学地域医療教育研究拠点 准教授
日本外科学会 専門医
日本乳がん学会 乳腺専門医・指導医
日本消化器外科学会 認定医
日本がん治療認定医機構 認定医(指導責任者)
乳房オンコプラスティックサージェリー学会 責任医師
乳がん検診精中機構 認定マンモグラフィー読影医師
院 長 来見 良誠 日本外科学会 専門医・指導医
日本消化器外科学会 専門医・指導医
消化器がん外科治療 認定医
日本肝胆膵外科学会 肝胆膵外科名誉指導医

外来医師担当医


診療科 / 曜日
外科 1診 木田 睦士 八木 俊和 内藤 弘之 児玉 創太 八木 俊和
2診 辰巳 征浩
乳腺外科 午前 梅田 朋子 梅田 朋子
午後 梅田 朋子 梅田 朋子
ケア外来 フットケア 午前 午前
ストマケア 午後 午前 / 午後 午後 午後 午後
専門外来 午後 肛門外来 ヘルニア外来

※赤字は女性

【 主な治療対象疾患 】
食道 食道がん、食道裂孔ヘルニア
◎胃がん、胃潰瘍穿孔、胃粘膜下腫瘍
小腸 腸閉塞、十二指腸潰瘍穿孔、小腸腫瘍、メッケル憩室
大腸 ◎大腸がん、大腸憩室炎、急性虫垂炎、大腸穿孔、虫垂粘液種
肝臓、胆管 肝臓がん、転移性肝臓がん、胆管結石症、胆管がん、十二指腸乳頭部がん
胆嚢 胆石症、胆嚢ポリープ、胆嚢がん
膵臓 膵臓がん、膵管内粘液性乳頭腫瘍(IPMN)、粘液性嚢胞腫瘍(MCT)
ヘルニア ◎鼠径ヘルニア、腹壁瘢痕ヘルニア、閉鎖孔ヘルニア、臍ヘルニア
肛門疾患 痔核、脱肛、痔ろう、直腸脱
乳腺 ◎乳がん、その他乳腺疾患
外傷 交通事故、けが
その他 消化管間質腫瘍(GIST)、神経内分泌腫瘍(NET、NEC、カルチノイド)など

当科の特色

◎様々な疾患に手術治療を行っています

食道がん、胃がん、大腸がん、肝臓がん、膵臓がん、乳がんなど様々ながんや、胆石、ヘルニア(脱腸)、痔など一般的な疾患に対して外科手術を行っています。痔・脱肛などの肛門病やヘルニア(脱腸)には、午後の専門外来を開いています。術前検査を迅速に進め、手術までの期間は可能な限り短く出来るように努力しています。

◎乳がんへの取り組み

乳がんは特に女性にとって重要な疾患と捉え、乳腺外科専門医を中心に女性スタッフが検査・治療を行っています。もちろん一般外科外来を受診していただいてもかまいません。また、当科にはマンモグラフィー読影資格を持った医師が多数居ります。乳腺外科のページもご覧ください。

◎充実した抗がん剤治療

がんに対しては、より高い治癒率を目指し、手術前後の抗がん剤治療を積極的に行っています。特に外来での治療を希望される方のためには、専用の外来化学療法室を用意しています。治療に必要なCVポートも当科で造設しています。

◎カンファレンスの充実

患者様の情報を医師間で共有し治療の質を維持するため、頻繁にカンファレンスを行っています。また、消化器内科との連携をとるため、毎週、合同症例カンファレンスを行っています。

◎他科との連携により最適な治療を心掛けます

最近は糖尿病・高血圧・慢性腎臓病・肥満などの成人病を合併した方の手術も多くなり、これらの疾患に精通した診療科の医師との連携が不可欠です。当院ではこのような患者様に対して必要な介入を複数の診療科で行っています。

◎標準治療を行います

疾患別ガイドラインに沿った、標準的な治療を行っています。

◎腹腔鏡下手術を積極的に行っています

体の負担が少なく、早期の退院が可能で、かつ整容性に優れた腹腔鏡下手術を積極的に行っています。

◎緊急手術も行っています

急性胆嚢炎、急性虫垂炎、急性憩室炎、消化管穿孔、腸閉塞、消化管出血、ヘルニア陥頓など、急性腹症に対して緊急手術を実施しています。

◎その他

高齢化に対応して90歳以上の患者様など超高齢者の手術も行っています。嚥下困難に対しては胃ろうの造設も行っています。また、緩和医療にも取り組み、患者様に最後まで寄り添える医療を心がけています。
PageTop