病院紹介
外来のご案内
外来診療
入院のご案内
お見舞いの方へ
施設のご案内
健康管理センター
介護老人保健施設
看護部
交通のご案内
診療実績・臨床指標
調達情報
契約情報公開
経理課より取引業者様へお知らせ
個人情報保護方針

不整脈

期外収縮や頻脈性不整脈、徐脈性不整脈などの各種の不整脈に対しては、通常の診察とともに、安静時心電図、トレッドミル(運動負荷心電図)、ホルター心電図、心臓電気生理学的検査、心臓超音波(心エコー)検査などを用いて正確な診断に務めるとともに、治療が必要な不整脈と治療を要さない不整脈とを見極めます。
治療が必要な不整脈は、薬剤を用いた治療を行います。
頻脈性不整脈に対してはカテーテルアブレーション(カテーテル心筋焼灼術)治療を行う場合もあります。
また洞不全症候群や房室ブロックなどの徐脈性不整脈に対しては、必要に応じてペースメーカの植え込み術を行っています。更にその後も定期的にペースメーカでチェックを行っています。
PageTop