病院紹介
JCHOグループの紹介
診療科のご案内
外来のご案内
外来診療
入院のご案内
お見舞いの方へ
施設のご案内
健康管理センター
介護老人保健施設
看護部
交通のご案内
診療実績・臨床指標
調達情報
契約情報公開
経理課より取引業者様へお知らせ
個人情報保護方針

循環器内科

スタッフ 主な資格
循環器内科部長 松井 俊樹 日本内科学会認定医
日本循環器学会専門医
日本内科学会指導医
日本心血管インターべーション治療学会専門医・指導医
日本内科学会総合内科専門医
日本プライマリ・ケア連合学会認定プライマリ・ケア認定医
救急部長
救急科部長
山岡 治 日本内科学会認定医
日本内科学会指導医
日本循環器学会専門医
日本心血管インターべーション治療学会名誉専門医
日本体育協会公認スポーツドクター
日本救急医学会救急科専門医
滋賀県競技力向上対策本部スタッフ
救急科医長 西山 敬三 日本内科学会認定医
日本内科学会指導医
日本循環器学会専門医
日本プライマリ・ケア連合学会認定プライマリ・ケア認定医・指導医
循環器内科医長 宮本 証 日本内科学会認定医
日本内科学会指導医
日本内科学会総合内科専門医
日本循環器学会専門医
日本心血管インターべーション治療学会認定医
日本不整脈学会-日本心電学会認定不整脈専門医
循環器内科医員 河原 千穂 日本内科学会認定医
日本循環器学会専門医

外来医師担当医

現在の内科(循環器内科部門)外来担当表は以下のとおりです。
曜日  
診察医 第1内科 松井 山岡 山岡 西山 宮本
第2内科 長尾 松井※ 河原 長尾 西山

※胸痛外来                                                       赤字は女性医師


診療の方針

狭心症や心筋梗塞などの虚血性心疾患をはじめ、心臓弁膜症、心筋症、うっ血性心不全、不整脈、高血圧症、動脈瘤、閉塞性動脈硬化症など、ほとんどすべての心臓血管疾患の診療を担当していますが、これらの循環器疾患に限らず、幅広く内科疾患全般に対応しています。
 また、当院には健康管理センタ-が設置されており、内科も全面的にその活動に参加しています。
こうして心臓血管疾患をはじめとした内科疾患の診断と治療ばかりではなく、その早期発見や予防に至るまで、幅広く取り組んでいます。
 診療に際しては、世界的な大規模臨床試験によって集積された結果や最新の知見をふまえつつ、患者さん一人一人に応じたきめ細かな診療を目指しています。

特色ある検査・治療法・医療設備

現在当科では心臓超音波検査(心エコ-)・ドップラ-エコ-検査、ホルタ-心電図検査、トレッドミル検査(運動負荷心電図検査)、CT検査、MRI・シネMRI検査、心臓カテーテル検査、心臓電気生理学的検査(EPS),および心臓核医学検査が実施可能です。

◆ 高血圧症

高血圧症は動脈硬化症や虚血性心疾患、脳血管障害などを発症させる主要な危険因子の一つであり、これらの疾患を予防するためにも血圧を良好にコントロールしておく事は非常に大切です。
当科では家庭での血圧のコントロールも一つの目標に、日本高血圧学会のガイドラインJSH2014などをふまえつつ、高血圧の診断治療を行っています。

◆ 虚血性心疾患

狭心症や心筋梗塞などの虚血性心疾患に対しては、詳しい診察とともに、胸部レントゲン検査や心電図、心臓超音波(心エコ-)・ドップラ-エコ-検査、ホルタ-心電図検査、トレッドミル検査(運動負荷心電図検査)、心臓CT、心臓カテ-テル検査、心臓核医学検査などにより正確な病態の把握に努めています。さらにCCUなどの整備をすすめ、薬剤による治療とともにカテーテルを用いた治療(PCI:冠動脈形成術やステント留置術)、IABP(大動脈内バルーンパンピング)、PCPS(経皮的心肺補助装置)などを駆使して総合的に診療にあたっています。 また狭心症や心筋梗塞では緊急の検査や治療が必要になる事もしばしばあります。
そこで当科ではこれらの疾患に24時間対応できる様にするため、CCUの整備とともに当番医制により夜中でも緊急の心臓カテーテル検査や治療(PCI:冠動脈形成術、ステント留置術)を行える体制を整えています。
 通常、待機的な心臓カテーテル検査は2泊3日、治療は3泊4日で行い、更に患者さんの希望時は1泊2日で検査を行っています。70%の患者さんは手首からのカテーテル検査を行っています。
これらの心臓カテーテル検査で冠状動脈に狭い所が確認されれば、薬剤による治療とともに、必要に応じて風船治療やステント留置術なども積極的に行っています。

◆ 不整脈

期外収縮や頻脈性不整脈、徐脈性不整脈などの各種の不整脈に対しては、通常の診察とともに、安静時心電図、トレッドミル(運動負荷心電図)、ホルター心電図、心臓電気生理学的検査、心臓超音波(心エコー)検査などを用いて正確な診断に務めるとともに、治療が必要な不整脈と治療を要さない不整脈とを見極めます。
治療が必要な不整脈は、薬剤を用いた治療を行います。
 頻脈性不整脈に対してはカテーテルアブレーション(カテーテル心筋焼灼術)治療を行う場合もあります。
また洞不全症候群や房室ブロックなどの徐脈性不整脈に対しては、必要に応じてペースメーカの植え込み術を行っています。更にその後も定期的にペースメーカでチェックを行っています。

◆ 閉塞性動脈硬化症

手足の血管が細くなって血行障害をおこす閉塞性動脈硬化症に対しては、動脈硬化を促進する基礎疾患の治療とともに各種薬剤による治療を行います。
更に血行障害が進んだ場合は、血管造影により病変をしっかりと把握したうえで、必要に応じて風船治療やステント留置術を行ったりします。
また場合によっては外科的血行再建術が必要になる場合もありますが、その場合には御相談のうえ、心臓血管外科のある病院を御紹介させて頂いています。

専門外来

①心臓リハビリテーション

心臓の病気を持つ方でも定期的な運動を継続することで予後が改善するといわれています。
心臓リハビリテーションとは心臓や足の動脈硬化の病気を持つ方を対象に運動療法、カウンセリング、教育を行うことで運動能力、生活の質(QOL)、長期予後の向上をめざすものです。
当院でも2Fリハビリ室にて心臓リハビリテーションを行っています。今までの生活を見直し、病気の原因になっている問題点を整理し、患者さん1人1人の心臓や体力に合わせた適切な運動療法を継続していきます。
運動療法は医師・理学療法士がプログラムを作成し、理学療法士や看護師と一緒に週1回程度で行います。

≪対象の患者さん≫
  • 心筋梗塞、狭心症、心臓の手術(開心術)後の患者さん
  • 慢性心不全(左室駆出率40%以下、BNPが80pg/ml以上など)
  • 末梢動脈閉塞性疾患(間欠性破行を呈する)
※ご不明な点は主治医に聞いてください。



≪心臓リハビリの効果≫
  •  心肺機能が向上し、体力がつきます
  •   血管の調節機能が改善し血液の循環がよくなります
  •  動脈硬化の進行を予防します
  •  血糖の上昇を抑えます
  •  心臓や足の新たな血管(側副血行路)の発達を促します
  •  心筋梗塞の再発予防に繋がります
  •  自律神経が安定し気分転換が図れストレスや抑うつ傾向を解消します。

≪費用について≫
  
*興味のある方は外来看護師にお尋ねください。見学も可能です。
 

②ペースメーカ外来

ペースメーカー植え込み術を受けられた方を対象に、年2回総合的にペースメーカのチェックを行っています。

治療実績

年間件数(1月~12月)
2013年
2014年
2015年
心臓カテーテル検査
370件
325件
300件
冠動脈インターベンション
(バルーン・ステント)
210件
 206件
155件
その他血管内治療(EVT、VAIVT)
36件
40件
54件
ペースメーカー手術(植込み・交換
20件
16件
19件
心エコー
1802件
1727件
1726件
ホルター型心電図
275件
242件
225件
MDCT(心臓CT)
264件
 236件
210件
心筋シンチ 170件 165件 154件
PageTop